ヒロ旅ブログ

海外旅行、一人旅を中心に書いていきます。

【イギリス旅行】ロンドン街歩き1 ~アメリカ人よりイギリス人??~

イギリスへの旅を決めたのは、それより前に英語圏の新大陸系の国、アメリカやカナダやオーストラリアには行ったことがあって、その大元のようなイギリスには行っておくべきでしょと思ったことと、

 

自分の若くて狂おしく多感な時代に、イギリスの音楽には支えてもらった意識があって、この旅の頃にはもうロックも聴かなくなってたけど、イギリスには行くべきだと思ったのです。

 

f:id:hirotabiblog:20200311001744j:plain

 

 

 

 ビッグ・ベン

f:id:hirotabiblog:20200310045634j:plain

 ロンドンに来た!って感じがしました

 

f:id:hirotabiblog:20200310040244j:plain

 

f:id:hirotabiblog:20200310040309j:plain

 

 

ロンドン・アイ

f:id:hirotabiblog:20200310040423j:plain

テムズ川を挟んでビッグ・ベンの対岸にある大観覧車

 

ウェストミンスター寺院

f:id:hirotabiblog:20200310040534j:plain

 ロイヤルウエディングなどが行われる王室の教会

 

ピカデリー・サーカス

f:id:hirotabiblog:20200310154118j:plain

中心に建つのはエロスの像 

 

f:id:hirotabiblog:20200310154141j:plain

 ロンドン版、NYタイムズスクエア的な場所です。

 

 

リージェント・ストリート

f:id:hirotabiblog:20200310154207j:plain

道に合わせて建物もカーブしていてクアドラントと呼ばれています。そこにロンドン名物の赤いダブルデッカーバスの大群が通り抜ける感じがカッコイイです。

 

 

f:id:hirotabiblog:20200310154246j:plain

 リージェントストリート北側とこれもロンドン名物であるブラックキャブ、ロンドンのタクシーです。

 

トラファルガー・スクエア

f:id:hirotabiblog:20200310154642j:plain

ヨーロッパの街って公園とは別に広場があるのがいいですね。

 

 

散々イギリスの音楽を聴いてきたしイギリスの映画も観ていたのに、なぜか単純にもジェントルマンの国、少々硬いのかな?みたいなイメージを持ってイギリスの雰囲気の中に入ったのですが、人々はカジュアルにのびのびリラックスして暮らしていて凄く新鮮でした。

 

じゃあ日本ってどんだけ硬い雰囲気、硬い社会なんだよ、とも同時に思いましたよ。硬さ基準だったら日本が世界一ジェントルマンの国じゃないのかと。

 

イメージや想像だけというのは本当にあてにならず、他の国や街でも実際に行くとイメージと違った!という事がよくあります。何でも実際に体験してみないと分からないものだと思います。

 

**********

 

 イギリスとどうしても比較してしまうのはもう一方の雄アメリカで、同じ英語の国で関係性も深いのに随分と違うなという印象を受けました。

 

僕がそうだった様に日本人で特に男だったら、まずアメリカの方を選んでアメリカに行くというパターンが多いのではないかと思います。

 

両方の国に行って思うのは、人間に焦点をあてると、日本人の気質だったらアメリカ人よりイギリス人の方が合うんじゃないかということです。

  

イギリス人の自分達の歴史と文化に根差した、自然体で、ある種素朴で奥ゆかしい感じが、日本人の波長に合って内面がつながる感覚がいいです。

 

人種間の高い壁や摩擦がそれほど見当たらないのもいいんです。一旅行者の感想ですが。