ヒロ旅ブログ

海外旅行、一人旅を中心に書いていきます。

【シンガポール旅行】シングリッシュについて ~シンガポールの英語~ 

シングリッシュとは、シンガポールのイングリッシュという造語で、独特な英語のためそう呼ばれています。

 

これが本当に聞き取りにくくて分かりにくく、僕のような英語中級者ぐらいだったら自信を無くす可能性が高いです。多分、上級者でも英語ネイティブでも初めは何だこれと思うはずです。

 

f:id:hirotabiblog:20200303041724j:plain

 

シングリッシュでよく取り上げられるのは、語尾にlahとかmehとかの中国語が付いたり、マレー語も入ってるとのことですが、そういう単語はサッと聞き流せると思うんです。

 

でも根本的な強いアクセント、なまり、独特なイントネーション、単語を勝手に短くしてるとかがあって、無茶苦茶聞き取りにくいのです。

 

こっちが外国人だと気付いたら、世界標準寄りのアクセントで話してほしいと思いますけど、他国のなまりを直すとか失礼で一度も言えませんでした。こっちは英語ネイティブでさえないし。

 

よく聞き取れる!という相手の人は、その変換をしてくれていると思います。一応シンガポール政府は独特のなまりの排除に取り組んでいるともいいます。

 

でもやっぱりシングリッシュをやめない人も多くて、欧米の英語圏の人のようなプライドがあるのでしょうか。英語圏の人って自分の国や地域や街や民族のアクセントを、大体どこに行っても変えませんよね。あれと似た地元アクセントにこだわりがあるのかもと予想します。

 

f:id:hirotabiblog:20200303042644j:plain

 

やや屈辱的だったのは、カジノでのちょっとした登録の時の話です。

 

カウンターで対応してくれた中華系マダムが、そんな観光客だらけの場所でまたシングリッシュをやめてくれなくて、説明事項、注意事項聞く、こっちの個人情報を書くみたいな、英語以前に相手の言う事が明らかに予想できる状況でのやり取りですよね。科学の話はされませんよね。

 

それがほとんど聞き取れなくて、What?  Sorry? を繰り返してたら、そういう所に日本人観光客も多いのでしょう、日本語の単語を織り交ぜながら説明されるという、自信を喪失する事態になりました。

 

心の中では(いやいや違うんですよ、その辺歩いてる白人が話すような英語アクセントにしてくれませんか、この状況なら大体分かるんです、それで話してよ)という気持ちでした。

 

海外旅行あるあるの外国人に意地悪に接する奴みたいな事ではなく、笑顔の多い優しい人でしたが、そんな有名観光地で地元アクセントでシンガポール旅情をど~ぞ~ってことかな、不明です。 

 

本気のシングリッシュを話す人よりまだ、インド系のボルボルボルボル話す英語の方が聞き取りやすい時もありました。英語中級者の判断ですが、中華系とインド系のアクセントも違いますよね。

 

ののしりじゃなく、フィリピン英語留学って最近よく聞きますが、シンガポール英語留学をほぼ聞かないのが何か理解できるような気がします。むずかしい。

 

f:id:hirotabiblog:20200304023940j:plain

 

この人達、本当に英語ネイティブと呼べるのかなあ、なんて心のどこかで思っていたのですが、その後シンガポール人の英語能力の高さや本物さを知ることになるのです。

 

12月のクリスマスシーズンで、夏ながらあちこちで催し物みたいなのをやっていて、あるショッピングセンターのステージで、子供達相手のクリスマスイベントが行われていたのですが、そのステージを盛り上げるのはバリバリのイギリスの白人達、当然英語で全て進行しているわけです。

 

それを会場の幼稚園から小学校低学年ぐらいの子供達が、全て的確に応じ、Yes! No!の掛け合いが完璧、面白い所で笑い、踊りたい人はステージに来てみたいな指示にもすぐ反応するという、英語を完全に理解している感動的で決定的な光景に出会ったのです。

 

うぉ、シンガポール人4、5歳の時点でもう英語ネイティブでバイリンガルだわ!と子供達に完全証明されたのでした。

 

f:id:hirotabiblog:20200304024807j:plain

 

 

今、日本で小学校から英語教育をしていますが、もう本当に日本人の英語力を上げてしまおうと思ったら、なまりは置いといて普通にこのシンガポールやフィリピンのようなバイリンガルのアジアの国のやり方を、そのまま導入すればいいんじゃないですか?

 

日本としてはもう少し国民の英語力が上がってほしいぐらいで、本物の英語ネイティブにしてしまうのは、日本の社会や文化が変質してしまいそうで怖いだろうな。

 

僕もまたできるだけ自分の英語力を上げたいと思うけど、日本をバイリンガル国家にするのがいいかどうかは、やっぱり分からないですね。素晴らしそうだけど難しい判断だと思います。